どんなお薬にも副作用があります。もちろん、うつ病のお薬も同じで、パキシルにも多くの副作用が報告されています。
パロキセチンの特徴を簡単に紹介したいと思います。
具体的には、イライラ・不安・焦燥感・パニック・攻撃性・衝動性・不眠・躁状態が引き起こされ不快な症状をきたします。
効果がしっかりとしていて、切れ味がよい
抗不安効果が強い
幅広い不安障害に適応が認められている
ジェネリックが発売されている(安い)
SSRIの中でも、不安を抑える効果はしっかりとしているので、様々な不安障害に適応が通っています。日本だけでなく海外でも、もっとも幅広く不安障害に使える薬になっています。
副作用として眠気、食欲不振、吐き気、めまい、発疹、痒み、むくみ、頭痛、発熱、不安、鼻づまり、不眠等が報告されています。
トフラニールなどの三環系抗うつ剤よりも体重増加は軽微と報告されていますが、服用を始めると徐々に体重が増えた、太ったという報告があります。従って女性の中には服用を嫌がる方もいるようです。
「眠気」と「太る」という嫌な副作用と減薬やお薬をやめるときに離脱症状が出やすいのも特徴です。
この薬は,未成年にはできるだけ服用しないように勧められているほどだ。