パロキセチンは本当にパキシルと同じ効果があるのか?
パロキセチンは本当にパキシルと同じ素晴らしい効き目がありますか?それは、同様な効き目があるはずで、実際パロキセチンに切り替えたケースを見ても、ほとんどの方はパキシルとパロキセチンで同じ効果を示します。しかし中には、パキシルからパロキセチンに変更したら調子を崩してしまった、というケースもあります。これはどうして起こったのでしょうか?

まず考えられるのが「心理的原因」です。精神科は「気持ち」「精神」の病気ですから、心理的影響が大きく経過に影響します。

「後発品って心配・・・」「本当に大丈夫だろうか・・・」

ジェネリックへの変化する際、このような気分を強く持ってしまうと不安が強くなりますから、病気の経過も悪くなってしまうのです。すると、同じ薬効があるけども不安が強くなった分、お薬の効果が弱まったように見えてしまうのです。ここから言えることは、ジェネリックへ切り替える際の心配が抑えられない方、元々不安がとても強い方は無理してジェネリックに切り替えない方がいいと言えます。ジェネリックへの切り替えはあくまでも「薬価が安くなるなら」など、自分にとってメリットを感じられる場合だけにしましょう。

パキシルの副作用
「パキシルなどのSSRIで攻撃性が増加する」という場合は、社会問題にもなっています。それほどデメリットが強いです。もちろん人々によって、違いますが、副作用がトラブルになる例が多すぎます。例えば、「パキシルの類似品で攻撃的になり、アメリカの高校で銃乱射事件を起こした」というニュースは最も有名かもしれません。日本でも似たような殺人事件が起こっており、その原因はパキシルを筆頭とするSSRIなのです。

パキシルの未成年への投与
パキシルの未成年への投与は、効き目が確認していないため、「簡単に使わないように」「できる限り使用しないように」と思われています。これはほかの抗うつ剤も同じですが、キレのよいパキシルは極力未成年には使用しない方がいいと私は考えています。やむを得ない際には使うこともありますが、 なるべく環境調整やカウンセリングなど、抗うつ剤以外の方法で 改善を図りたいところです。やむを得ず、薬を使わざると得ない時もジェイゾロフトやレクサプロなど、比較的穏やかに作用するお薬の方がまだ安全だと思われます。

男女用ものオススメ

女性発情媚薬はセックスの感度アップさせ、膣乾燥、性交痛などを改善する事ができ、惚れ薬とも言います。

ED勃起不全というのは英語の「ErectileDysfunction」の略で、「勃起機能の低下」を意味します。日本では「勃起障害」と「勃起不全」と訳されます。勃起が起こらない状況に限らず、勃起している陰茎の硬さと維持が不十分であることも含めます。つまり、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。

バルシビルとは製薬大手のシプラが製造販売したバルトレックスのジェネリック医療品です。主成分であるバラシクロビル塩酸塩はヘルペスの増殖を抑え単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘(水ぼうそう)の治療に効果が期待されています。

シアリスは2003年にイーライリリー?アンド?カンパニーから発売され、2007年には日本でも認可がされた勃起不全のED治療薬としては一番新しいタイプの物になります。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年に初めて正式に日本での認可された最も歴史があるのED治療薬です